園日誌

穴川花園幼稚園 ≫ 園日誌

節分


2013.2.1 「節分」


本堂に集まり、園長先生のお話が始まりました。

園長先生

「節分は、寒い冬の季節から春になる、という日です。春になると、暖かくなるだけではなく、皆さんはお兄さんお姉さんになります。
 皆さんに、お兄さんお姉さんになってほしいのですが、心にいろいろな鬼がいると、お兄さんお姉さんにはなれません!
 心の鬼というのは、おこりんぼ鬼、いばりんぼ鬼、泣き虫鬼・・・など、お兄さんお姉さんになれない心のことです。
 心の鬼を追い出して、お兄さんお姉さんになりたいお友だちは、「おにわーそと!」と、大きな声で自分で言って、追い払ってください。
 やっつけるのではなく、追い払うのです! やっつけてしまってはいけません。やっつけてしまうと、自分のこころに居る鬼に気づけなるので、やっつけてはいけません! 一度で追い払えなかったら、年回言ってもいいですから・・・大きな声で、追い払ってくださいね。」

すると、内陣の中から、おおきな太鼓の音とともに、赤、黄、青の鬼が「悪い子はいないかぁ~!」と、飛び出してきました。
 
 子どもたちは、先生の後ろに隠れたり、逃げたり・・・

先生たち 「おにはーそと!」「鬼はーそと!」

 鬼は、本堂から退散したようでした。


みんなで作戦会議。心にまだ「鬼」がいるから来たんだ!と、豆を歳の数ずつ食べました。そして、お兄さんお姉さんになるために、こんどは、しっかり自分の心の鬼を追い出そうと外にでました。

 子どもたちは、外で大きな声でみんな言いました。「おにはーそと!」

鬼は、お兄さんお姉さんになりたい子どもたちと、仲良しになりたいというので、一緒に記念写真を撮りました。
 


節分




HOME

プロフィール

穴川花園幼稚園

Author:穴川花園幼稚園
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

リンク