園日誌

穴川花園幼稚園 ≫ 園日誌

屋上の苗ちゃんは?!


日直の先生たちが、屋上の苗ちゃんたちに、交代でお水をあげているのですが・・・!


8月12日 菊間先生が第一発見者! 

「ほんの少しですが、とうとう稲穂がでてきました!」

そして、今日は15日 今の様子をお伝えしま~す!



屋上の稲


ちょうど、夏期保育に、苗ちゃんの“かわいいかわいいお花”をみることができますね!



皆さんのお家のプランターやバケツイネは、いかがでしょうか?

元気ですか!?



夏期保育に、教えてくださいね・・・・・


ネイチャーランドの苗ちゃんに!!


大きい文字yle="color:#00cc33">8月6日 「穂が出ていたよ!!」


ネイチャーランドに、

ようたくんが、知らせに来てくれました。

急いでいってみると・・・


ネイチャー報告


どれが、稲(イネ)のお花でしょうか?

写真の白い花らしい花は「オモダカ」のようで、イネのはなではありませんが、一緒に咲いていて、あまりに可愛かったので、写しました。

ちなみに、田んぼの向こうに見えるかかしは、幼稚園のではありません。

その手前の、手前のうすい黄緑のところが、幼稚園の苗ちゃんたちです!

早く、あのような案山子をつくってあげなくてだいじょうぶでしょうか?!

Q園隊(8月ネイチャーランド)報告


8月 6日 の Q園隊

いちばん暑い時ですが、さつま芋がたくさん実ってくれるよう・・・

右へ左へと延びて茂っているさつま芋のツルを、はがすお仕事がありました。

そんな大切な、お仕事のために、暑い時期ですが、ネイチャーランドに、たくさんの親子が集まってくれました!


Q園8月お芋



かわいいカエルくんは、大きな葉の下で涼んでいたようです。「ビックリさせてごめんね!」

「ひやー、ビックリ!」こんどは、ママの声。「だって、この芋虫、どっちが頭かオシリかわからなんですもの!」ほんとに、おおきな丸い模様をオシリにつけ、反対にゆっくり歩いていきました。



さつま芋畑の隣は、3月の休日、あの恐ろしい震災の直後に、園長先生が、「被災地に送ろう」と考え、一人で植えたジャガイモの畑。

7月の「禅童会」の小学生と園長先生で掘り、被災地にたくさん箱に詰めて送ったのだそうです。

少し、年長組が、お泊りに「わんぱくカレー」といっしょに園長先生からいただいて食べました。

まだ、少しありましたので、暑い中、がんばったQ園隊の方々で掘っていただきました。畑の整備も必要で、お父さんたちは、暑い中きれいにしてくださいました。。

Q園8じゃが
園長先生からもう一つプレゼントが、冷たい水に冷えていました!

そう、それで・・・・「すいか割りをしました!!」

なかなか割れなかったけど、さすがにパパが割って・・・いただきました。



Q園すいか1
Q園
Q園すいか3


お泊り保育の日(年長)

2011.7.19~20


お泊り保育ツアーバスで園へ到着。

「あながわはなぞの・なかよしのわ・ホテル」へようこそ!

あいにくの雨予報でしたが、とにかくネイチャーランドの田んぼへ“苗ちゃんに会いに”行きました。

子どもたち「雨だけど、苗ちゃんは雨が好きだから、きっとよろこんでる!」

「お家の苗はこのくらいになったから、田んぼの苗ちゃんもきっとこれくらいかな?!」

到着すると雨は止み、バスから降りて走りました。

「わぁ~い!! おおきくなってる!!」

「かくれんぼだって、できちゃうよ!」

苗ちゃんと、記念写真も撮りました。


次にネイチャーランドにいくと、

園長先生が「雨で皆は、ムリなので・・・」と、畑の中から、ジャガマルくんを掘ってくれました。

おおきなおおきなジャガマルくんが、ごろごろ、ころころ・・・園に帰って、洗って、ふかしてくれるというのです!
今から夕飯の「伝説のカレー」が楽しみです。


お泊り当日ゲーム

園に帰ると「でんせつのカレーチケットは、もらった!このヒントをたよりに、グループでちからをあわせて、さがしてみるがいい! いじめっこより」という挑戦状!

子どもたち「こっちかなあ?」「ないよーう?」・・・

「あった、あった!」と見つけたのは、「わ・か・し・よ・な・の」「なんなの~!」?????

「なかよしわ、の~?」だって! いじめっこって、おじさんかなあ?

「ちがう!ちがう!・・・?」

「なかよしの、わ!」 

「できた~ぁ!!!」

こうして、チケットを取り戻しましたお泊りカレー


もちろん「伝説のカレー」とは、年少のときに育てたことで、泣かないお兄ちゃんお姉ちゃんになれたと言うあの“人参”、チビ丸を植えて年中のときに育てた“ジャガマルくん”元気もりもり年少組の“ピーマンマン”、ブタミンパワーの“豚肉”入りです。

さらに、カレーの上のホクホクのジャガマルくんは、そのままの形でドーン!とのって、

一人ひとりに、「がんばったね!」「おいしいかい?!」などと、いろいろなことを語りかけてきたのです。


お泊り火の神



暗くなる頃、キャンドルをともしました。

暗い中にあらわれた2人の火の神。

1人は「元気なこころになる火」と「優しい気持ちになる火」です。

グループの皆は、一つの大きな輪になって、腕と肩をくんで踊ったり歌ったりしました。

歌詞と曲はもちろん、ゲームで解いた「小さな世界」の3番までです。


お泊り終わり



次の日の朝早く、園長先生は、本堂で和尚さんに、変身していました。初めての「座禅」をしました。

園長先生「背を伸ばして、静かにお腹で息をはいて、じっとしている!」

鳥の声、木の葉のゆれるかすかな音、、静かに吹き抜けていく風、いつもと違った気持ちの良い不思議な世界でした。

お泊り前、オネショの心配を、何十人もがしていましたが、なんと、ほとんどの子が、クリアーできました!


苗ちゃんのこと、お友だちのことを思い、力を合わせたことで、元気も優しさもぐ~んと一つになり、

“なかよしの・わ”になった、お泊り保育でした。



“なかよしの・わ”は2学期、子どもたちの心に、どう膨らんでいくのでしょうか? たのしみです・・・!

HOME

プロフィール

穴川花園幼稚園

Author:穴川花園幼稚園
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

リンク