園日誌

穴川花園幼稚園 ≫ 園日誌

花まつり

5月9日 ののさまのお誕生日 

連休明けも元気いっぱい!で登園してきてくれた子どもたち。
「のの様に持ってきたよー!」と、色とりどりのお花を、大切に持ってきてくれました
「おばあちゃんのお庭に咲いていたの!」という子もいれば、「ゆりぐみだからゆりにしたよ!」という子も。

子どもたちが持ってきてくれたお花を、のの様の周りにかざって…5月9日、月遅れの花まつりです!
(本当の花まつり=のの様のお誕生日は、4月8日です)

 朝登園してくると、のの様の周りにお花いっぱい!「うわぁ、きれい!」「お誕生日パーティー楽しみだね」と、たくさんの声が聞こえてきました。
皆がそろい、のの様の周りに集まると、楽しみにしていた花まつりの始まりです!

 のの様がお生まれになった時に、天から降ってきたと言われている “甘茶” をかけて、お参りします。
花まつり1

 さすがに年中・長さんはおててを合わせるのが上手ですね。
花まつり2

花まつり4

 年少さんも初めての仏教行事でしたが、年中・長さんにならって、手を合わせていました花まつり3

 年長さんが代表して、甘茶をかけてお参りしました。花まつり5

 お参りが終わると、園長先生がお話をしてくれました。
「お釈迦様に代わりに園長先生がお礼を言います。たくさんのお花をありがとうございます。このお釈迦様は、右手を上、左手は下を指しています。広いお空に自分は1人だけ、この広い地面にも自分は1人だけということなんです。みなさんも、虫もおもちゃも、代わりはない全部1つだけ、かけがえのないとても大切なものなのです」 ということを教えていただきました。

 その後は、みんなで甘茶をいただきました。花まつり6

花まつり7

 お帰りの前に、みんなも、のの様に甘茶もかけてお祝いの気持ちを伝えました。
“お友だちやおもちゃ、虫たちも・・・大事にします。”

花まつり8

 皆様、お花のご協力ありがとうございました!






みその天地返し

4月26日午後~  1年生のかわりに・・・

半日保育で子どもたちが帰った後・・・
去年、ばら組の山根亜矢先生が、幼稚園に来てくれました。


1年生になった “できるもん” たちが仕込んだ おみそ の天地返しをするためです。
IMG_1355 天地返し11
まずは、みそ樽からおみそを取り出しました。

仕込んでから2か月。 
IMG_1355 天地返し12
見た感じは、もう おみそ のようですが、大豆のつぶつぶがまだ大きいかしら?

みそ玉を作って、
IMG_1355 天地返し15
空気が抜けるように

投げ入れますIMG_1355 天地返し14

亜矢先生も
IMG_1355 天地返し13

できるもんみそは、無事に天地返しを終えて、みそ樽の中で眠っています。

先生たちがお味見をすると、しょっぱくてびっくり!
7月の同窓会の頃には、またヘンシンしたお味になっていることと思います。
お楽しみですね。
IMG_1376 - コピー



年長さんからのプレゼント


4月25日  年長組のプレゼント作り

新しく入園したお友だちが幼稚園に仲間入りをしてしばらくが経ちました。
最初は泣いていた年少さんもニコニコの日が多くなっています
毎日、お弁当の準備や帰りのしたくのお手伝いをして来た年長組。

『年少さんが二コニコになってくれることがうれしい!』
『幼稚園のみんなが、いっぱい仲良くなれるように!』

と、もっと幼稚園が楽しくなる方法を考えました
そこで作戦会議をすると、
「お歌をうたってあげよう!」 「ピアニカを聞かせてあげよう!」 「プレゼントをしたらどう?」
とたくさん上がりました。

「幼稚園は楽しいところだから、楽しいことをたくさん見つけられるように!」
「たくさんいる仲良しのお友達の写真が撮れたらいいいいね!」
そんなふうに考えて、手作りのカメラをプレゼントすることに決めました!

「どんなふうにしたら喜んでくれるかな??」 
と、考えながら得意のハサミやのりを使って一生懸命作ります

カメラ制作1

カメラ

カメラ制作2

「こんどプレゼントがあるよ!」  「『か』から始まるよ!」 と・・・早くプレゼントしたい年長組。
年中・年少さんは、「どんなものだろう?」とわくわくしている様子



そして、いよいよカメラをプレゼントする日がやってきました!
年長さんはカメラが見えないようにそーっと隠して持っていきます
年長 お部屋に行く

年長 お部屋にいく2

じゃーん と見せると、「わー!カメラだ!」 と大喜び
ひとりひとり首にかけて渡してあげます。

「このカメラは、楽しいことやきれいなもの、仲良しのお友だちを見つけられる魔法のカメラなんだよ!」と年長組。

カメラもらう たん1


カメラをもらってうれしいみんな、まずは年長さんをパチリパチリ すみれ

喜んでいる姿を見て年長さんもうれしい気持ちになります

その日から幼稚園ではみんながカメラマンになりました
カメラ1
カメラ2

これからも幼稚園で楽しいことやきれいなものなどなど・・・
たくさん見つけていきましょうね
皆でぱちり

ネイチャーランドQ園隊 活動予定表


卒園生のみなさんへ


今年も始まります!
Q園隊の活動予定をご確認の上、卒園生のお力も、ぜひお貸しください
Q園隊予定


お申込みは、お知り合いの在園生と一緒にしていただくか、直接幼稚園にお電話でお知らせ頂いても構いません。

ぜひお誘い合わせの上、お待ちしております。

新年度の始まり

始業式と入園式

4月7日 春休みを終えた幼稚園に、久しぶりに「おはよう!!」「今日から年長さん!」と、元気な声が響きました。
 大きな荷物を両手に持って、よいしょよいしょ・・・。ちょっとお手伝いしたほうがいいかしら?と思って声をかけると、「もうお兄ちゃんだから大丈夫!」と、頼もしい声も聞こえてきました。

始業式ブログ1

始業式ブログ2
 
 久しぶりのお友だちと遊んだり、先生とお話したりした後、新しいクラスに新しい仲間とお集まり!
そして・・・とうとう!新しい担任の先生とご対面!
始業式ブログ3

始業式ブログ4

始業式ブログ9


 実は先生たちもちょっぴりドキドキ・・・でも、早く子どもたちと仲良くなりた~い!の気持ちで、自己紹介をしたり、おそろいの名札をつけたり、ムギュしたり・・・仲良しの第一歩です。


 ピカピカの新しい名札をつけた子どもたちがホールに集まって、始業式が始まりました。

園長先生から、「小さいお友だちがたくさん、エンエ~ン泣いてきます。やさしくしてあげたり、いろいろなことを教えてあげてくださいね」
とお話があると、「涙をふいてあげる!」「ナデナデしてあげるよ」と・・・。さすが、お兄ちゃんお姉ちゃん!始業式ブログ5

その次は、先生たちの自己紹介タイムです。
始業式ブログ6

7始業式ブログ

始業式ブログ7
また新しい1年をみんなで仲良く!たのしく!過ごして行きましょう!


 始業式後は、お家の方々にもご挨拶をさせていただきました。1年間どうぞよろしくお願いいたします!
始業式ブログ8


 そして4月11日は、待ちに待った入園式!
雨と季節外れの寒さでしたが・・・真新しい、まだブカブカの園服に身を包んで、おうちの方と一緒に、62名のかわいい仲間が登園してきてくれました
 まだまだ緊張したお顔だったり、「ママがいいよ~」と泣き顔だったり。
初めてのことは大人でも緊張しますから・・・大好きなママ&パパさんから離れて涙が出てしまうのは当たり前です。

でも、先生とおそろいのぞうさんの名札をもらって!一緒に踊ったり、歌ったりして、ちょっぴり楽しい気持ちを取り戻してから・・・
お家の方が待つ入園式式場へ向かいました。
入園式6

入園式4
担任の先生はもちろん、ぐるんぱ先生も、事務所の先生、バスの先生、そして園長先生も!
み~んなで、新入生をいっぱい受けとめました。

入園式1
在園生も、お祝いに駆けつけてくれました。
長いお話をしっかり覚えて、立派に “お祝いの言葉” を言ってくれたので、お父さんお母さんからは、たくさんの拍手をもらいました。

 
保育室に帰る頃には、みんな安心して、落ち着いてお話に耳を傾けていました。
先生のお話に笑ったり、お返事してくれたり、
「なになに?」「どれどれ?」と身を乗り出してくる子もいて、かわいい反応が嬉しそうな先生たち。
入園式3

入園式2
明日からも、“いいもの” をたくさん用意して、みなさんが幼稚園に来てくれることを、楽しみに待っています。

入園式5
 入園式、子どもたちのにぎやかな声に、おうちの方もビックリされたり、ご心配された方もいらっしゃったかもしれませんが、
お友だちや先生との新しい世界が広がる第一歩!それが今日の入園式だったんですね。
きっと日本一!!にぎやかな入園式です。



くすのき応援団、集合!

 幼稚園の卒園生と、その保護者の方で結成された“くすのき応援団”。たくさんの新1年生が入会して下さり、今年度は団員さんが51組に!

 そこで、「はじめまして」の顔合わせ会が開かれました。
IMG_0622.jpg

 「4月から◇年生になる○○です。よろしくお願いします!」中2のお兄さんから付き添いの幼稚園生まで、立派にご挨拶ができました。さすが、くすのき応援団!!

 
 今までの活動を教えてもらいながら、今年どんなことをしたいか、話し合いました。
IMG_0621.jpg

IMG_0619.jpg


 「お金をもらったり、物を渡したりしたい!!」というみんなの想いから、今年のみたまおくりは『10円フリーマーケット』のお店を開くことに決まりました


 楽しそうな声に誘われて、先生たちがお菓子をもってやって来ました。「おつかれさまでした
IMG_0628.jpg

IMG_0631.jpg

 小さい頃のお気に入りのおもちゃや、大切にしていた思い出の品などを持ち寄って、お店に出して下さるそうです。
どんなお店になるのかしら?くすのき応援団さん、どうぞよろしくお願いします

 







おかえり、チャレンズ!!

 H22年度卒園生が、久しぶりに幼稚園に集まりました。みんないろいろな小学校に通っているので、「会うのは6年ぶり!」なんて子たちもいたようです

友だち1

友だち2


 
 “ねんちょうチャレンズ”として、様々なことに挑戦したのですが、なかでも、ネイチャーランドで育てた『チャレンジビーンズ』でお豆腐を作ったことが、今でも話題にのぼる出来事でした。
 そこで、あの頃を思い出して・・・お豆腐作りにチャレンジすることにしました。そして今回は、そのお豆腐を入れて美味しく食べられるように、豚汁も作ることに
 合言葉はもちろん…「チャレンズにおまかせ


 れんげ組担任だった伊禮みき先生、ひまわり組の飯野美樹先生、ばら組は山上陽子先生に、前日の準備からかけつけてくれた市川亜依先生も一緒にがんばります

豆腐2

豆腐4

野菜1

野菜3

豆腐3

豆腐1

 野菜の皮を使って、こんなことも
野菜4

 
 なかなか豆腐が固まらず、みんなで試行錯誤しているうちに、少しずつ緊張がほぐれ、だんだんと笑い声やはしゃぐ姿も・・・
 そうこうしているうちに、なんだか良いにおいが。台所で煮こんでくれていた豚汁ができあがりました
 

 幼稚園の頃を思い出して、「ののさま、いただきます
ごはん1

ごはん2

ごはん5

ごはん3

ごはん4


 思えば、彼らの卒園式は、東日本大震災直後で計画停電を実施していたため、外から入る明かりを頼りに行いました。
 まだ余震もあったため、予定していた謝恩会を中止せざるを得なくて、卒園文集には、保護者の皆様が心を込めて練習をしてくださっていた演目をはさみこんでくださいました。 
 
 子どもたちに将来の夢を聞くと、幼稚園から変わらぬ未来を描いていたり、新しい目標に向かって頑張っていたり、「人を笑顔にする仕事がしたい」なんて言葉も出てきました。きっと、ご家族に見守られて、健やかに育ったのですね。そんな子どもたちなら、これからいろんなことがあっても、きっと明るく強くたくましく乗り越えられることでしょう。
 幼稚園は、みなさんの故郷です。いつでも遊びに来て下さいね。「フレーフレー、チャレンズ!!」


ばら組
ばら


れんげ組
れんげ


ひまわり組
ひまわり








HOME →次ページ

プロフィール

穴川花園幼稚園

Author:穴川花園幼稚園
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

リンク